2K アトリエ計画とりあえず、頑張ってみようか。

| CALENDAR | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
8 / 23 ― C88の後とか 14:17
ブログの存在が薄れているこの時期にいろいろとまとめて書こうかと。

blank

お久しぶりです、秋雨みのりです。
夏コミの事やら更新していなかった間の事についてすこし書き連ねてみます。


まず、コミックマーケット88お疲れ様でした!
僕は1日目 東ホール N-38b「2Kアトリエ計画」でサークル参加させていただいていました。告知等、一切を面倒くさがり今の今までブログを開いていなかったのは申し訳ありません!サンプルページとかブログに載せるのに結構危ない綱渡りなので注意するのが煩わしいんですよね。

新刊で出したのはC86に出したラフ本「高雄嫉妬本」の全編収録、及び全編総新規描き下ろし本でした。全編と言っても本文32ページの短いお話です。なお完成していないラフ本となっております。(またこの流れ)

しっかりと完成させたものはイベント終了数か月後にpixivに投稿予定でちまちまと完成度を上げて描いていますのでそちらを楽しみにしていただければと思います。

ちな、C88のサンプルページはこちらから

pixivに飛びます
R-18注意

完成版ではないので書店委託はありませんのでご了承ください。

勝手な宣伝はこんな感じ。


コミケ前日に電車に乗って東京入りしていたのですがその電車ではとてつもなくうなだれていました。知らないうちに電車自体に拒絶反応を起こすようになっていて乗る前から吐き気や胸やけが起きたりで静岡からずっと車内トイレに篭りっきりだったり途中下車して落ち着くまで全く関係ない所をふらついて気分を切り替えたりしながら5時間の長旅を乗り越えてました。車は全然平気なんだけどなー…

そのおかげでコミケ3日目の一般参加も途中まで友人と電車に揺られていましたが東京テレポートまで来て一時撤退して帰るまで別行動と言うホントに申し訳ないことをしてしまったなぁと猛省してたり。その件についてはほんとスンマセン!


電車に乗っている間は気晴らしにずっと夏空の雲を眺めていました。夏の雲ってホントに心が躍って絵が描きたくなりますよね!電車の中で色々格闘しながらずっとウズウズしていました!冒頭の一枚はそんな記憶を頼りに描いた落書き。下書きも何もせず描きたいように描いてました。たまには線に縛られないものを描くのもいいかと。


線の話が出たところでふと、今回のコミケで出した自分の作品を振り返ってみたりしますが、普段から一枚絵としてきっちり色塗りまでする絵ばかり描いていると、途端に「漫画を描く」と言っても難しい、感覚ではなく体感させられます。

マンガを描くのはとても難しい。線幅は?マスの区切りの間隔、効果は?トーンの張り込みを使うのかグレースケールか?セリフと吹き出しのサイズは?などなど、普段気にも留めなかった問題がすべてのページで、すべてのマスで起こります。本のサイズ毎で入れ込めるマスのサイズと数も違うでしょうし間隔も変わってくる、のかもしれないと思うと途端に「漫画」というハードルの高さにショックを受けました。

原稿期間中はとにかく漫画を読み、同人も読み、みんながどのように書いているのかを調べて自分なりの答えとなりそうなものを原稿にぶつけてみました。少なくともC86の時よりはいい表現になったと思います。

それでも漫画を普段から描いている人には到底追いつけるはずもなく、「これは普段、一枚絵を描いている人だな」と言うのが丸わかりなものになっている、そんな後味を残しながらも描いている感じは否めなかったです。
 と、言っても上達するわけもないのでこれからも漫画はちょこちょこと同人で描いていきたいと思います。オリジナルでも描きたい手法の1つでもあるのでとにかく描く。


コミケが終わって、今回の戦利品を読んでいたりするとふと、「こんなにも綺麗なページなのに線は形を成しているだけでしっかりとした線ではない」と気づいていろいろな本を流し読みしてみると確かに、商業も同人も、「形さえわかれば線はこだわらない」というものが結構な数である。と言うのが分かります。そしてそれらはみんな「きれいな線を描いている作品に劣らず面白い」と。

つまり、自分が漫画において力を抜くところは案外、「線」なのかもしれないと思ったのが今回の収穫でした。

それから自分の作品をもう一度見直しても、原稿期間中を思い出してもいつも「綺麗な一本の線を描く」と言う事に意識を傾けていて一向に色塗り作業に移行できない。という事態が自分を常に焦らせていました。
もちろんトーンで力を抜いている人もいます。頬の紅潮にトーンを貼って少し目にかぶっていても分からない程度ならOKにする人や線からはみ出たトーンも背景でカバーして隠しているのも。

一旦、読み手に移ることでいろいろな力の抜き方が分かりました。今度から力抜こ・・・。


だらだらと書きたいことを書いて纏まりが着かないですがこのくらいにしておきます。
次はオリジナルを描きたかったり、もうちょっと艦これを描きたかったりといろいろと小出しできるネタが溜まっているので次の夏コミやオンリーイベントなんかで出すかもしれないのでその時は今度はしっかり告知させていただきますのでその際はよろしくお願いしますー!

| 作品。 | comments(0) | - | posted by 秋雨みのり
スポンサーサイト 14:17
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>