2K アトリエ計画とりあえず、頑張ってみようか。

| CALENDAR | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
6 / 5 ― 一眼。 01:14


こんにちは、秋雨です
記事を書いている時間が夜だとこんばんわって言ったらいいのかよく分からなくなったりしますね。

一眼を買いました。これでやっと写真部らしく!資料を撮るのにもわざわざコピーする資料を探したりするのもしなくて良くなりました!これからは持ち出してはいろいろ撮りたいですね。風景が多くなりそうですが・・・(アパートの周りに野良の動物が少ないので)

機種はPENTAX K-30。APS-C CMOSセンサーで初心者に易しめのお安いながら力強い機種となってます。
まだSDカードを買っていないので手触り感覚だけですが扱いも簡単だったので慣れるのは早そうです。




告知です。多分してなかったはずなので(笑)
9月の結月ゆかりオンリーイベント「結月家の食卓」に応募させていただいています。もし当日スペースを頂けたら名古屋ですね。コーチン食べようコーチン。

内容は暇人とにぼう党にて参加予定です。お互い新刊を1冊ずつ持ち合わせて2冊での頒布を予定しています。
余裕があったらグッズも少なめですが用意したいです。ゆかりさんサイズのパッドとか(ぉ

僕はちょっとえっちなゆかりさんを書くつもりですが暇人は確か全年齢対象だったはずなのでえっちなのは嫌いな方々もお立ち寄りくださいね!


夏コミの合否もついに明日になりました。原稿は相変わらず早め早めで動いているつもりですがここ1ヶ月くらいはゼミ研究の足止めを食らっています・・・。
もう少し原稿に時間が割けられれば良いんですが年間のテーマが確立できるまではもう少し時間がかかりそうです・・・
僕が席を置くゼミは自分で年間を通して研究して行くテーマを1つ決めるのですが始まって約2ヶ月、奔走しっぱなしで家に戻ればPCに着いてブラウザに噛り付き、学校に行けば図書館に引きこもり書物を読み漁り。完全に学生を満喫しまくっています。本来高校までの勉学はこうあるべきだったはずです・・・ゲームも大事だけど・・・

テーマの変遷としては、
まず大きくザッバリとした切り口を『色』に関して、と言う事で模索をしていました。それからは知識はあった色彩効果、主に「明暗対比」「色彩対比」について歩を進め、バロック美術と出会いました。強い明暗対比に惹かれ、ジョルジュ・ド・ラトゥールの写実的なタッチと息遣いを表すような物悲しそうな表情。どの作品も見たら何か心で揺れるものがあってラトゥールに目を付けますが実際油彩を描くわけにもいかないです。画材も無ければ技術もありませんし(笑)

それから他テーマに足を伸ばしますが上手くまとまりも調べも付きませんでした。
数であげれば、色彩の立体物・造形、ライトアップによる視覚効果、無彩色+有彩色1色による色彩対比などなど。なんだか少し探して見れば既に試されているようなものばかりです。もちろん試されていないであろう物はこの中から省いています。僕がいつかやりたい事なので。

けれど頭の中では「対比」と言う言葉が離れなかった。自分の脳は対比脳にでもなってしまったかのように対比に対してこだわりが生まれていました。そこで第二段階、美術様式を抽象して具現化する試み。結局これも油彩が出来ないため却下になりましたが(笑)
けれどこのテーマはかなり自信があるので実際やって見たいのです。大学のうちでは叶いそうにないですが卒業後。どこか住めるようになったらバケツに水を汲んでずっとイーゼルの前に立ち尽くして見たいものです。

そして最終的に現段階で水彩画に手を付けました。
美術様式の抽象化から派生して時代ごとの色の変遷、時代ごとの色とは?という分岐点に立っています。
僕がここから導くはアメリカ水彩画。またしても明暗対比に目を付けたのです。懲りない奴です。

アメリカ水彩画と言うものが確立される要因となるのはウィンズロー・ホーマーという水彩画家。彼のカラーコーツ作品群、全150作品ほどの数多くの作品によって形成されていきました。くっきりとした輪郭、省略による明快な単純化、強い明暗対比により見やすく感情表現の表出の容易さ(作り手側として)が良く伝わってきます。さらには明暗対比には1枚の絵に使われる色の少なさにも理由があります。同じような色を混ぜれば色が馴染むのとは逆に限られた色数で表現をすればコントラストは明確に受けても調子の上がり下がりが分かりやすく表現の受け渡しが容易になっています。

その点にすごく惹かれたのがホーマーのカラーコーツ作品でした。
そのホーマーに影響されたエドワード・ホッパーなども研究対象になりそうなので深く深く調べ上げていきたいですね。


今日は語りすぎたのでここまでで。また明日、夏コミの合否発表後に更新したいと思います!では!
| 日記。 | comments(0) | - | posted by 秋雨みのり
スポンサーサイト 01:14
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>